福袋争奪戦の続きです!


「茅乃舎」さんの御福箱整理券を無事ゲットしたあとは(前記事参照)、

そのまま玉川タカシマヤ地下1階食料品売り場の開店待ち列に並びます。


開店の10時まで、1時間半…

地下通路に並んでいるので寒さはしのげますが、

暇なのでひたすらスマホをいじって時間をつぶします😅


10時の開店とともに目指したのは「新潟 加島屋」さん!

『さけ茶漬け』『いくらの醤油漬』など水産加工品の高級瓶詰めが有名なデパ地下人気店です。


気になるその中身は…


【新潟 加島屋 2018年 3000円福袋の中身】

「さけ茶漬 中ビン」1836円

「いくら醤油漬 中ビン」2592円

「おにぎり明太子 中ビン」1728円

「山海漬 中ビン」864円
合計7020円(税込)


なんと人気商品の詰め合わせが半額以下😱


このお得すぎる福袋をゲットするのに、

10時の開店とともにお客さんが殺到!


整列用に用意されていたパーテーションに向かって人がなだれ込んで列はぐちゃぐちゃ、

店員さんももみくちゃにされて最後尾がうまく形成できず、

あわや事故寸前という感じでした…。


コミケなどのオタクイベントに慣れている身からすると、

そりゃまあこうなるわな…と思うくらい

お店側の準備が足りていなかったように思いました。

(たぶん来年からは加島屋さんも朝の整理券配布になるんじゃないかな…)


そんななか300個限定の福袋の整理券を、なんとか手に入れたのでした🤣



後から知ったのですが、

加島屋さんは1/1にwebで福袋の先行販売をしているようなので、

来年からはこちらもチャレンジしたいと思います!


このあとさらに福袋のお話が続きます!